子供がまだ小さい場合の主婦薬剤師の働き方

主婦薬剤師の求人サイトTOP >> 基礎知識 >> 子供がまだ小さい場合の主婦薬剤師の働き方

子供がまだ小さい場合の主婦薬剤師の働き方

薬剤師資格を取得したものの、20代や30代になると結婚や出産で休職する女性薬剤師も数多くいます。しかし、人材不足が続く薬剤師界のため主婦薬剤師であっても復職することができる職場はまだまだあります。勤務先や勤務形態を上手に選ぶなら、子供が小さいうちから働くことも可能です。

主婦薬剤師は読んで字のごとく、主婦でもあり薬剤師でもあります。そのため家事や育児をこなしながら、薬剤師として働き収入を得ることになります。これは決して簡単なことではありません。主婦としての仕事に終わりはありませんし、まして子供が小さい時には普通以上に時間も体力も奪われることになります。こうしたことを考えると、薬剤師として働く時間を極力短くすることができれば、疲れやストレスを減らすことができます。そのため、主婦薬剤師の多くは正社員としてではなくパート薬剤師として復職するパターンがすすめられています。

パート勤務として主婦薬剤師が働く場合、どのような職場があるでしょうか。ほとんどの薬剤師の転職先と同じように調剤薬局で働く主婦薬剤師が多い傾向があります。調剤薬局によっては、勤務時間が朝10時や11時から可能な店舗もあります。そのため、家事を一通り終えた後に子供を保育園や幼稚園に預け出勤しても余裕を持って出勤することができます。夕方5時までの勤務で残業がない薬局もあるので、自分の生活リズムに合った薬局を探してみることができます。2、3時間の短時間でも勤務可能な店舗もあるので、まずは短時間勤務から初めて徐々に仕事に慣れていくことも良い方法です。

ドラックストアでは他の職場に比べて高収入を得ることができるため、注目を集めています。最近では調剤薬局が併設されているドラックストアもあり、調剤経験のある薬剤師にはおすすめの求人でもあります。調剤業務の他にも、商品陳列やレジ打ち、OTC販売など業務内容は多岐に渡るため体力的には少しハードかもしれません。また調剤薬局に比べるとお客様と接する機会も多いため、コミュニケーション能力も必要とされます。しかしシフト制の勤務が可能なので、子供の行事などに合わせて休日を取ることも可能です。

子供が小さいうちは、なるべく子供のために時間を使いたいと考える主婦薬剤師が多いです。そのためまずはパート勤務から復職することができますが、子供が成長して学校に入学したらまた本格的に薬剤師の仕事を再開したい主婦薬剤師も少なくありません。自分の意向をあらかじめ伝えておくならば、継続的に同じ職場で働くことができるかもしれません。

主婦薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 主婦薬剤師の求人サイト【※ワガママ条件で転職先を見つけよう】 All Rights Reserved.