子供が大きくなった場合の主婦薬剤師の働き方

主婦薬剤師の求人サイトTOP >> 基礎知識 >> 子供が大きくなった場合の主婦薬剤師の働き方

子供が大きくなった場合の主婦薬剤師の働き方

病院や調剤薬局で薬剤師として活躍していたものの、出産や育児のタイミングで休職する女性薬剤師も珍しくありません。子供の成長と共に、余裕と時間ができ復職を考えることもできます。家族の理解と協力も必要ですが、主婦薬剤師を必要としている職場はいくつもあります。

子供が小さい時からパートや派遣薬剤師として短時間の仕事を行ってきた主婦薬剤師もいます。もしくは、小さい時は子供との時間を大切に過ごしたいと考えて働かずにいて、幼稚園や小学校に入学してから主婦薬剤師として働くことを考える場合もあります。働き方はどのように異なるでしょうか。

既に仕事をしている場合は、同じ職場でパートから正社員として働くパターンもあります。薬剤師不足に悩む調剤薬局やドラックストアは多いため、パート薬剤師でも喜ばれますが、正社員として働ける主婦薬剤師は非常に歓迎されるでしょう。仕事の手順や方法も理解しているため、正社員になり仕事量が増えたとしてもそれほど負担なく勤務することができます。また子供が成長し、正社員で働くことを機に転職することもできます。パート勤務であったとしても調剤業務や服薬指導をしてきた主婦薬剤師は勘を鈍らせることなく仕事をすることができるので、新しい職場でも重宝されます。

一方で、子供が大きくなってから仕事に復帰する場合はどうでしょうか。もし数年のブランクがあるならば、調剤・製剤業務にすぐに復帰するのは不安や心配があるかもしれません。ブランクがあっても問題のない求人を探すことがポイントになります。調剤薬局にもブランクがある薬剤師に対して研修制度を設けている店舗もあります。休職中に進歩した薬学に関する知識を取り入れてから、無理なく仕事に就くことができます。ブランクが長い場合はパート勤務から始めることもできるでしょう。薬剤師としての勘が戻り、仕事と家事や育児との両立に慣れてきたタイミングで正社員として働くこともできます。あらかじめ自分の意向を面接時に伝えておくならば、正社員として働きたい時にもスムーズに移行することができるはずです。

主婦薬剤師として活躍することは決して簡単なことではありません。体力的にもメンタル的にも負担がかかる職場もあります。そのため、主婦薬剤師が職場を選ぶ際には収入面も気になりますが、業務内容や労働時間、人間関係など自分に合った職場環境を見つけることが長く仕事を続ける鍵になります。

主婦薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 主婦薬剤師の求人サイト【※ワガママ条件で転職先を見つけよう】 All Rights Reserved.