主婦が薬剤師資格を取得するのは可能?

主婦薬剤師の求人サイトTOP >> 基礎知識 >> 主婦が薬剤師資格を取得するのは可能?

主婦が薬剤師資格を取得するのは可能?

最近は主婦であっても、何かの資格を取得し将来に備える方も多くなっています。また資格を取得することで、収入面でも有利に働くことができるため主婦の間でも資格取得に注目が集まっています。資格にもあらゆる種類がありますが、国家資格を取得できれば安定した収入が得られる可能性も高まります。

薬剤師資格を持つことで、短時間のパート勤務であっても高収入を得ることができます。そのため薬剤師資格取得を目指そうと考える主婦も少なくありません。主婦がこれから勉強して薬剤師資格を取得することは可能でしょうか。

結論は可能ですが、非常に狭き道であるといえます。薬剤師資格を取得するためには、まず大学の薬学部に6年間通う必要があります。薬学部に入学するためにも試験を受ける必要があります。入学金、学費といった金銭面でもかなりの金額になります。薬学に関する知識や情報は日々進歩していますので、常に新しい知識を取り入れ続ける必要があります。

薬剤師試験は年に1度、3月に2日間の日程で行われます。マークシート方式で345問の問題が用意されています。主に理系を中心としていて他にも法規、制度、倫理などの分野からも出題されています。合格率は平均7割程度です。国家試験にしては合格率が高いですが、試験を受けるために薬学部で6年間勉強することを考えると、国家試験自体よりも薬学部入学のハードルの方が高くなっています。

こうしたことを考えると、主婦としての家事や育児の仕事をと両立しながら薬学部に通い国家試験に合格するのはかなりの努力と決意が必要です。仮に薬学部に入学し国家試験に合格できたとしても、その6年間にかなりの金額を投資することになります。投資した金額を薬剤師として働き回収することを考えると、別の資格取得を目指すことが賢明かもしれません。

例えば、医薬販売専門資格「登録販売者」という資格があります。2009年に薬事法が改正され、薬局やドラックストアの店舗で風邪薬などの一般用医薬品の販売資格のことを指しています。薬剤師とは異なり取り扱える薬の種類や数は限定的ですが、医薬販売専門資格を取得することで主婦であっても通常のパート勤務よりは有利に仕事を探すことや、転職することができるはずです。通信講座などでも資格を取得することができます。

薬剤師資格を取得できれば、収入面で安定した仕事を見つけることが有利になりますが、そのために払う時間やお金、努力は決して簡単なものではないようです。

主婦薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 主婦薬剤師の求人サイト【※ワガママ条件で転職先を見つけよう】 All Rights Reserved.