主婦薬剤師の働き方

主婦薬剤師の求人サイトTOP >> 基礎知識 >> 主婦薬剤師の働き方

主婦薬剤師の働き方

主婦薬剤師が仕事をする時「いくつかのハードル」にぶつかってしまうことがあります。「家庭と仕事との両立」「子育てと仕事の両立」「配偶者の給与収入があるため、どのようなスタイルで働くか」などが主なハードルとしてあげられますが、このほかにも、家庭の背景によってたくさんのハードルがあることでしょう。

主婦薬剤師の働き方で一番重点を置かなければいけないのが「配偶者(夫)の給与」のことです。薬剤師の年収は正社員で平均500万前後。勤務先によっては、もっと年収が上がる可能性があります。フルタイムで働けば、夫の収入を超えてしまう「ねじれ」が生じてしまう可能性があり、扶養家族の取り扱いや税金に関して多少変わってしまう可能性も生じます。ライフプランを考えた上で、キャリアプランを構築していくことが重要です。フルタイム勤務でも時短勤務を申し出ることや、パート薬剤師として働くなど、働き方の調整を行うこともできます。

また、子どもがいるので働きに出るのが難しいという場合は、保育所に預けられないか自治体に相談をしてみましょう。薬剤師として仕事をする場合、待機児童の優先順位が上がる可能性があります。また、託児所・保育所を完備した医療機関や企業なども存在していますので、そちらで薬剤師の求人がないか探してみることも一案です。

家庭と仕事の両立ができるか不安に思っている方は、1日のタイムスケジュールを組んでみましょう。この中に仕事を何時間かでも組み入れると、家事がどう回るかを考えてみます。買い物が難しければ、宅配食材を上手に利用したり、夫や両親に助けを求められないか相談をしてみたりすることも大切です。週数回の勤務という内容の薬剤師求人もありますので、飛び込んでみるのも良いでしょう。また、ドラッグストアではシフト制が主ですが、調剤薬局の場合は、休業日が日曜と平日に設定される場合が多いので、自分の時間を作りやすいのではないでしょうか。

こういった主婦ならではの悩みを抱えている方は、ぜひ薬剤師専門の転職エージェントへ無料会員登録を行いましょう。自分が自由に使える時間の範囲で働ける求人を探すことができます。また、「ちょっとワガママかも」と思えるような条件に合致する求人が見つかるかもしれません。検索機能を使えば、年収上限、パート・正社員等の雇用、勤務地等の自分の希望する条件にぴったりの求人が短時間で見つかります。後はネット上で応募すれば、応募先からのコンタクトを待つだけです。働き方に関しても、交渉次第で自分の都合に合わせてもらえるので、家事との両立がかないます。

主婦薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 主婦薬剤師の求人サイト【※ワガママ条件で転職先を見つけよう】 All Rights Reserved.