扶養内OKの主婦薬剤師求人

主婦薬剤師の求人サイトTOP >> 条件別 >> 扶養内OKの主婦薬剤師求人

扶養内OKの主婦薬剤師求人

「扶養内で働きたい」というのが、主婦が仕事を探すときに多く聞かれる希望です。「扶養内」というのは配偶者である夫の扶養家族となることで、社会保険関係も第三号被保険者とみなされることを指しています。年収が130万円未満であることが条件で、年金等の支払いは配偶者が加入している共済組合や厚生年金基金などが負担するシステムとなっているので、その分の出費がありません。また、38万円の扶養控除が認められ税制上も優遇されるので、このラインを守って働けば家計が助かることが多くなります。もちろん扶養手当も受け取れますので、配偶者からの収入も引き続き安定します。

主婦が資格を活かして薬剤師の仕事に就きたいという場合、「扶養内で働きたい」という希望を優先させると、週2〜3日程度のパート勤務が最適と言えます。薬剤師の場合、パート勤務でも時給が高く、平均2000円前後の時給が見込めるからです。一般的なパートタイマーのように5時間程度の仕事を週5日続けていると扶養の範囲を超えてしまいます。すると、主婦薬剤師自身が夫の扶養を抜けて社会保険に加入せざるを得ない状況になってしまいます。扶養手当等の対象外となるため、夫の収入が減るというデメリットがあります。

ただし、主婦薬剤師が正社員として働くことで、勤務先からも年金等に加入してもらえます。夫の収入は減ってしまいますが、扶養範囲で働くよりも収入面でメリットが高くなることが考えられます。薬剤師が正社員で働く場合の平均年収は、500万円前後です。ここは家庭の事情と照らし合わせながら働き方を模索していきましょう。

扶養の範囲で働きたいという場合は、薬剤師専門の転職エージェントを利用することをおすすめします。扶養範囲で働くことのメリットやデメリットをキャリアアドバイザーと話し合いながら、主婦にとって働きがいがあって希望通りの職場を見つけていくことができます。キャリアアドバイザーとの面談をふまえて、正社員待遇で働ける職場を探すなどの路線変更についても、即対応してもらえるので安心です。

扶養範囲で働くメリットは「収入をセーブする」ということだけに尽きます。ですから、薬剤師の場合もともとの報酬が高いため、収入だけではなく働く時間もセーブすることになってしまいます。働いている中で「もっと働けるはず」「もう少し仕事を極めたい」などと考えるようになったら、キャリアアップのチャンスです。主婦薬剤師の働き方を家族で検討しながら、よりよい手段を見出すことをおすすめします。

主婦薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 主婦薬剤師の求人サイト【※ワガママ条件で転職先を見つけよう】 All Rights Reserved.