OTC販売中心の主婦薬剤師求人

主婦薬剤師の求人サイトTOP >> 条件別 >> OTC販売中心の主婦薬剤師求人

OTC販売中心の主婦薬剤師求人

OTC医薬品とは「一般用医薬品」の略称で、薬局や薬店、ドラッグストアで販売される医薬品のことを指しています。これまで「市販薬」や「大衆薬」などと呼ばれていた商品だととらえると分かりやすいのではないでしょうか。OTC医薬品の販売を中心した業務はドラッグストアや薬店などで行われています。販売登録者でも医薬品を販売することができますが、第一類医薬品に分類される商品は、薬剤師しか販売することができないとされています。

ドラッグストアや薬局では営業時間を拡大し、より医薬品を販売できるようなサービスを充実させる動きを見せています。そのため薬剤師の確保が課題となっているのです。OTC医薬品販売中心となると、薬局の販売員じ様な仕事になりますが、顧客との会話の中でカウンセリングを行ったり、医薬品の使用前にアドバイスを施したりができるので、コミュニケーションを楽しむことができます。調剤の分野とは異なる魅力があります。

この職種で仕事をすると、正社員やパート等様々な働き方を選ぶことができます。フルタイムで勤務することも可能ですし、午前中だけ働く等時間帯勤務も選択できるので、主婦薬剤師でも無理なく仕事ができるでしょう。また、ドラッグストアで薬剤師として働いた場合、時給2000円前後という高待遇で働けます。正社員でも年収500万円以上を見込むことができます。主婦でもしっかり働くことができるので魅力に感じることでしょう。また、お住まいの地域から徒歩もしくは自転車で通える範囲にドラッグストアが点在しているので通いやすさも抜群です。

先にも触れましたが、OTC医薬品販売は調剤分野以上に顧客とのかかわりが深くなる仕事なので、コミュニケーション力に長けている方、情報発信力に優れている方が求められます。また、ドラッグストアでは新店出店などで薬剤師を広く募集しているため就職しやすいと考えられますが、正社員待遇で入社した場合、転勤があることを見据えておく必要があります。また、管理薬剤師というような責任あるポストに就く可能性もあります。このような職責に就くことができるか、考えておく必要があります。

ドラッグストア・薬局業界はサービス商戦が激化しているため調剤部門を置いて差別化を図る傾向があります。老健施設の調剤業務や学校薬剤師の仕事を引き受けることもあります。OTC販売のみならず、調剤業務に携わった経験を持っている場合は転職時にも強みとなります。転職エージェントを上手に利用して、自分にとって都合がよい職場でOTC医薬品販売に携われるよう、アプローチしていきましょう。

主婦薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 主婦薬剤師の求人サイト【※ワガママ条件で転職先を見つけよう】 All Rights Reserved.