週2日〜OKの主婦薬剤師求人

主婦薬剤師の求人サイトTOP >> 条件別 >> 週2日〜OKの主婦薬剤師求人

週2日〜OKの主婦薬剤師求人

主婦の多くは家庭の事情で「自分の都合に合わせて働けたら嬉しい」「自由に使える午前中の時間だけ働きたい」など、欲張りとも言える願望を持っています。週5日で毎日働けたらいいけれど、子育てや介護などが忙しくてなかなか働きに出られないなど、薬剤師の資格が勿体ないと感じている方も少なくありません。

このところでは週2日から出勤可能な主婦薬剤師の求人もあります。たとえば、日曜・祝日も診療を行う薬局に隣接した調剤薬局の場合は、薬剤師の週休2日という約束を確保するためにシフトを敷くことがほとんどです。そこで、スポット的に仕事に入ることで、常勤薬剤師の負担を軽減することが可能です。ドラッグストアも同様で、年中無休とするお店がほとんどです。シフトを敷いているので、自分の都合がよい時間帯や曜日に出勤することができる場合が多くあります。また、勤務日数を制限することで、収入をセーブすることができます。夫の扶養範囲内での収入をキープしたいと考えている場合でもちょうどよく働くことができるでしょう。

ただし、週2日から出勤可能の薬剤師求人で気をつけたいところは、雇用形態に関しての部分と業務内容に関しての部分を必ず確認しましょう。フルタイムで仕事をしなければいけない部分の他、薬剤師という資格を持って仕事に当たっても、結局は雑用中心で品出しばかりで勤務時間が終わってしまうということも考えられます。これが続くと、週2日程度の勤務でも大きく負担を感じてしまう場合もあります。こういったデメリットの部分もありますので注意が必要です。また、社会保険等の加入が叶わないことも考えられます。雇用保険等の加入ができない場合は、何らかの理由で退職後に受給される失業保険が受けられない可能性も生じます。

求人票を比較検討したい、詳しいところまで勉強してから応募したいという場合は、転職エージェントを利用しましょう。主婦の都合に合わせた薬剤師求人が数多く見つけられますし、条件・待遇も吟味することが可能です。先ほど注意点に挙げた「雇用形態に関すること」や「福利厚生に関すること」もweb上で確認することができますし、不明な場合は求人票を掲載している企業へweb経由で問い合わせを入れることが可能です。

働き方に関しては面接の時に相談をすることができます。履歴書を制作する際には働ける時間帯や曜日等を必ず記載しましょう。それを踏まえて働き方に関して折衝を行います。わがままな希望を記載しても、それが不合格の理由になることはありませんので安心してください。

主婦薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 主婦薬剤師の求人サイト【※ワガママ条件で転職先を見つけよう】 All Rights Reserved.